北方シネマ

(*)上映回によって時間や場所が変更することもあります。毎回の案内をご確認ください
学内駐車場は使えません。お越しの際は公共交通機関をご利用下さい
北九州市小倉南区北方4-2-1
北九州市立大学 北方シネマ(竹川研究室)
【電話】080-6458-1184 (水曜を除く平日 11:00-17:00 応対)
【email】kitagata.cinema@gmail.com
【料金】前売予約1000円・当日1200円・シニア/障害者1000円・大学生/高校生500円(資料代)・中学生以下無料

2118年9月1日木曜日

重要なお知らせ・最新上映情報

3月8日(金)18:30~

上映作品
蘇れ 生命(いのち)の力 ~小児科医 真弓定夫~

作品紹介はこちら




上映後のアフタートークもあわせてお楽しみください!




17年10月以降、北方シネマ上映は、
18:00開場、18:30開演となります。

また上映日が第2週の金曜日になることがあります。
今年度の予定は今のところ以下の通りです。ご確認ください。


上映日上映作品
4月13日第2週
『息の跡』
5月11日第2週
『夜間もやってる保育園』
6月8日第2週
『桜の樹の下』
7月13日第2週『世界でいちばん美しい村』
8月10日第2週『ほたるの川のまもりびと』
9月7日第1週『クワイ河に虹をかけた男』
10月5日第1週
『Kapiw&Apappo』
11月2日第1週
『食卓の肖像』
12月7日第1週
『沈黙の春を生きて』
1月11日第2週『おだやかな革命』
2月1日第1週『おくじらさま』
3月8日第2週『蘇れ 生命の力』

2019年4月12日金曜日

北方シネマ024『廻り神楽 』

大津波を生き抜いた黒森神楽と
三陸の《現在》を描くドキュメンタリー。



三陸の海辺を数百年間旅しつづける「神楽衆」の物語
三陸の海辺を一夜の宿を乞いながら旅する神楽衆。
海とともに生きる三陸の人々は家に神楽を迎え入れ、海の安全、大漁祈願、家族の安寧の祈りを託す。~揺り籠から墓場まで~「黒森神楽」は340年以上、三陸の人々の人生に寄り添いながら巡行の旅をつづけている。

神楽が来れば春はもうすぐなのす
東日本大震災により海辺の人々は深い傷を受ける。津波から間一髪逃れた神楽衆が、人々を慰めようと巡行を再開する。亡き人の魂を慰め、生者を元気づける祈りの舞。春の先触れとなる神楽の音色に、人々は長い冬の終わりを感じとる。

津波のあとの「海の遠野物語」
繰り返し繰り返し津波が襲って来たこの場所で、神楽衆は何百年ものあいだ自然と人々の間を取り結ぶ役割を果たしてきた。ザシキワラシやオシラサマ、神々や精霊が今も息づく豊かな三陸の海辺で、津波のあとの「海の遠野物語」が誕生した。(公式HPより)


★予告編はこちら★



【上映情報】

東田シネマ
3月29日(金) 30日(土) 31日(日)
①10:30、②13:00、③15:30、④18:00
北九州市環境ミュージアム ドームシアターにて
予約はこちらから

北方シネマ
2019412日 (金) 18:30
北九州市立大学 本館A-101にて
インターネット予約はこちらから
電話予約は 080-6458-1184 (水曜を除く平日 11:00〜17:00対応可

予約一般1000円/当日一般1200円
大学・高校生500円/シニア(60歳以上)1000円
障害者手帳をお持ちの方/1000円


『廻り神楽』

公式HP https://www.mawarikagura.com/
公式Facebook https://www.facebook.com/mawarikagura/

出演:黒森神楽保存会
語り:一城みゆ希 
昔話朗読:森田美樹子
監督・プロデューサー:遠藤 協
監督: 大澤未来 
構成:北村皆雄・遠藤協
撮影: 明石太郎・戸谷健吾
ドローン撮影:古館裕三
撮影助手・スチル:井田裕基
照明:工藤和雄
録音・効果:齋藤恒夫
サウンドデザイン:森永泰弘
整音:飯森雅允
編集:田中藍子
制作デスク:山上亜紀・渡邉有子
題字デザイン:杉浦康平+新保韻香
宣伝美術:島田薫
エグゼクティブ・プロデューサー:三浦庸子・北村皆雄
製作:ヴィジュアルフォークロア

特別協力:黒森神社総代会、神田より子、岸昌一、櫛桁一則、金野侑、假屋雄一郎
機材協力:(株)小輝日文
助成:文化庁文化芸術振興費補助金 
支援:一般社団法人 全日本テレビ番組製作社連盟
​後援:岩手県

2018/日本/94分

2019年3月8日金曜日

北方シネマ023『蘇れ 生命(いのち)の力 ~小児科医 真弓定夫~』

すべての"力"はあなたの中にある




真弓小児科。小さな診療所に「名医」との評判を聞きつけた人々が全国から訪れる。
院内にはクスリも注射もない。
代わりに、時間をかけて生活習慣のアドバイスをする。
「病気を治しているのは医者ではない。自然治癒力だ。」
失われつつある生命の力。真弓は問う。
「忘れてはいないだろうか?私達は自然に生かされている、いち”動物”である」。
真弓に出会って、生き方まで変わってしまったという親子も少なくない。
現代社会の中に埋もれていく叡智を、生涯をかけて伝え続ける小児科医、真弓定夫、
そして各界で同じように生命の力を信じ、歩き続ける人々を追いかけたドキュメンタリー。(公式HPより)

★予告編はこちら★



【上映情報】

東田シネマ
2月22日(金) 23日(土) 24日(日)
①10:30、②13:00、③15:30、④18:00
北九州市環境ミュージアム ドームシアターにて
予約はこちらから

北方シネマ
201938日 (金) 18:30
北九州市立大学 本館A-101にて
インターネット予約はこちらから
電話予約は 080-6458-1184 (水曜を除く平日 11:00〜17:00対応可

予約一般1000円/当日一般1200円
大学・高校生500円/シニア(60歳以上)1000円
障害者手帳をお持ちの方/1000円


『蘇れ 生命(いのち)の力 ~小児科医 真弓定夫~』


出演:真弓 定夫 真弓 紗織 大島 貴美子  梅津 貴陽  岡野 眞規代 高野 弘之 ほか
音楽:溝渕 大智 
監督:岩崎 靖子 
撮影・編集:小野 敬広  石川 真喜子
制作:E・Eプロジェクト(岩崎靖子 小野敬広)
配給:NPO法人ハートオブミラクル

2017/95分/16:9

2019年2月1日金曜日

北方シネマ022『おクジラさま』

小さな町に押し寄せた
クジラを巡る大きな衝突
NY在住女性監督が見つめる、世界の分断とその先の未来




つつましい給料で世界屈指の現代アート作品を集めた夫婦を描く「ハーブ&ドロシー」の佐々木芽生(めぐみ)監督が、6年の制作期間をかけて、半世紀以上続く「捕鯨論争」に新たな光を当てる。

紀伊半島南端に近い、和歌山県太地町。追い込み漁を糾弾した映画『ザ・コーヴ』がアカデミー賞を受賞して以来、この小さな漁師町は世界的論争に巻き込まれた。「くじらの町」として400年の歴史を持つ「誇り」は、シーシェパードを中心とした世界中の活動家たちから集中非難の的となる。ヒートアップする対立が沸点に達しようという2010年秋、佐々木は太地町を訪れる・・・。

そこでは、マスメディアが報じてきた二項対立 -捕鯨を守りたい日本人とそれを許さない外国人 - という単純な図式ではなく、カメラは賛否に縛られない多種多様な意見を捉えていく。 歴史・宗教・イデオロギー、自分と相容れない他者との共存は果たして可能なのか?今まさに、世界が直面している「ダイバーシティの危機」を克服するヒントがこの映画にはある。嫌いなヒトをスッキリ排除しますか?それとも、一緒に生きていきますか? (公式HPより)

★予告編はこちら★

上映後のアフタートークには、本作出演の
元AP通信記者ジェイ・アラバスターさん
クジラ漁を撮影するカメラマン西野嘉憲さんをお呼びします!!


【上映情報】
東田シネマ
1月25日(金) 26日(土) 27日(日)
①10:30、②13:00、③15:30、④18:00
北九州市環境ミュージアム ドームシアターにて
予約はこちらから

北方シネマ
201921日 (金) 18:30
北九州市立大学 本館A-101にて
インターネット予約はこちらから
電話予約は 080-6458-1184 (水曜を除く平日 11:00〜17:00対応可

予約一般1000円/当日一般1200円
大学・高校生500円/シニア(60歳以上)1000円
障害者手帳をお持ちの方/1000円


『おくじらさま』


監督・プロデューサー:佐々木芽生「ハーブ & ドロシー」
編集:バーナディン・コーリッシュ
撮影:折笠 貴 / 杉岡 太樹
音楽:デビッド・マズリン
エグゼクティブ・プロデューサー:真木 太郎 / 飯田 雅裕
ポスター原画:山口 晃
制作:FINE LINE MEDIA JAPAN
制作協力:ジェンコ / ミュート
協賛:アバンティ / オデッセイコミュニケーションズ
配給:エレファントハウス
助成金:文化庁文化芸術進行費補助金

原題 A Whale of a Tale/97分/日本・アメリカ合作/2016

2019年1月11日金曜日

北方シネマ021『おだやかな革命』

自然エネルギーによる地域再生。
これからの時代の「豊かさ」を巡る物語。





原発事故後に福島県の酒蔵の当主が立ち上げた会津電力。放射能汚染によって居住制限区域となった飯館村で畜産農家が立ち上げた飯館電力。岐阜県郡上市の石徹白、集落存続のために100世帯全戸が出資をした小水力発電。さらに首都圏の消費者と地方の農家、食品加工業者が連携して進めている秋田県にかほ市の市民風車。自主自立を目指し、森林資源を生かしたビジネスを立ち上げる岡山県西栗倉村の取り組み、都市生活者、地方への移住者、被災者、それぞれのエネルギー自治を目指すことで、お金やモノだけではない、生きがい、喜びに満ちた暮らしの風景が生まれている。成長・拡大を求め続きてきた現代社会が見失った、これからの時代の「豊かさ」を静かに問いかける物語。    (公式HPより)


★予告編はこちら★


アフタートークには、ひとくわ農場の芳賀とみ子さんをお呼びします。
ひとくわ農場 公式HP http://hitokuwa.web.fc2.com/


【上映情報】
東田シネマ
12月21日(金) 22日(土) 23日(日)
①10:30、②13:00、③15:30、④18:00
北九州市環境ミュージアム ドームシアターにて
予約はこちらから

北方シネマ
2019111日 (金) 18:30
北九州市立大学 本館A-101にて
インターネット予約はこちらから
電話予約は 080-6458-1184 (水曜を除く平日 11:00〜17:00対応可

予約一般1000円/当日一般1200円
大学・高校生500円/シニア(60歳以上)1000円
障害者手帳をお持ちの方/1000円



『おだやかな革命』

公式HP http://odayaka-kakumei.com/

ナレーション:鶴田真由
監督:渡辺智史
撮影:佐藤広一
作曲:鈴木治行
演奏:瀬川裕美子
アドバイザー:高橋真樹 
構成:黒沼雄太
編集:渡辺智史
MA:中野坂上スタジオ
音楽録音:パストラルサウンド
CG:デジコンキューブ
配給:いでは堂

2017/日本/100分

2018年12月7日金曜日

北方シネマ020『沈黙の春を生きて』

ベトナム、アメリカ―いまだ癒えぬ枯葉剤の傷痕




1962年にレイチェル・カーソンが著した『沈黙の春』は、当時隆盛を誇った農薬の危険性を予言し、DDTが禁止されるきっかけとなった。
一方、その頃ベトナムでは、ジャングルにひそむゲリラの隠れ場所をなくすため、米軍による枯葉剤散布がはじまった。枯葉剤は農薬と同じ成分を持つが、人体や自然環境に多大な影響を及ぼす、猛毒のダイオキシンが含まれていた。
当時のアメリカ政府が「人体に影響がなく、土壌も1年で回復する」と説明していた枯葉剤は400万人のベトナム人に直接散布され、その被害は戦後35年を経たいまも続く。当時ベトナムに駐留していた米軍兵士も枯葉剤を浴び、帰還兵の多くがいまだにその影響に苦しんでいる。被害は彼らの子供や孫の世代にまで及ぶ。
帰還兵の娘、ヘザーは片足と指が欠損して生まれた。父の戦場であったベトナムを訪ねたヘザーは、両国の被害者が繋がっていくことの大切さに気づく。
本作は、枯葉剤の刻印を背負ったベトナム・アメリカ、双方の子供たちの困難と勇気を描き、レイチェル・カーソンの予言的言葉に再び耳をかたむけることの大切さを訴える。
(公式HPより

★予告編はこちら★


【上映情報】
東田シネマ
11月23日(金) 24日(土) 25日(日)
①10:30、②13:00、③15:30、④18:00
北九州市環境ミュージアム ドームシアターにて
予約はこちらから

北方シネマ
127日 (金) 18:30
北九州市立大学 本館A-101にて
インターネット予約はこちらから
電話予約は 080-6458-1184 (水曜を除く平日 11:00〜17:00対応可

予約一般1000円/当日一般1200円
大学・高校生500円/シニア(60歳以上)1000円
障害者手帳をお持ちの方/1000円


『沈黙の春を生きて』

企画・監督:坂田雅子
製作:山上哲太郎
編集:ジャン・ユンカーマン
ナレーション:加藤登紀子
撮影:ビル・メガロス 山田武典 坂田雅子 ロバート・シーモン
整音 :小川武
音楽:グエン・タイン・トゥン 難波正司

2011/87分/ドキュメンタリー/HDVカラー/日本語・英語・ベトナム語

2018年11月2日金曜日

北方シネマ019『食卓の肖像』

戦後最大級の食品公害「カネミ油症」
食の”遭難者”たちを心暖かく見つめた傑作ドキュメンタリー




「美容と健康にいい」。そういう触れ込みの食品は、身の回りにたくさんある。もし、それらの食品に毒物が入っていたとしたら…。今から40年以上前、現実にそういうことが起こった。森永ヒ素ミルク事件などとともに戦後最大級の食品公害事件と言われている「カネミ油症事件」である。
1968年、福岡、長崎をはじめ、西日本一帯で、食用油、カネミライスオイルを食した人たちが次々に健康被害を訴えた。症状は、大量の吹き出物、目やに、脱毛など、多様なもので、苦しむ人たちの姿が報道され、世間を震撼させた。被害者は14000人以上と言われている。
『食卓の肖像』は、この「カネミ油症事件」の被害者の人達を10年間かけて取材したドキュメンタリー映画である。 
★予告編はこちら★
 
 
【上映情報】
東田シネマ
10月26日(金) 27日(土) 28日(日)
①10:30、②13:00、③15:30、④18:00
北九州市環境ミュージアム ドームシアターにて
予約はこちらから

北方シネマ
112日 (金) 18:30
北九州市立大学 本館A-101にて
インターネット予約はこちらから
電話予約は 080-6458-1184 (水曜を除く平日 11:00〜17:00対応可

予約一般1000円/当日一般1200円
大学・高校生500円/シニア(60歳以上)1000円
障害者手帳をお持ちの方/1000円


『食卓の肖像』

製作・監督:金子サトシ 
撮影:内野敏郎/金子サトシ/福本淳 
整音:伊藤裕規 
スーパーバイザー:土屋豊/Our Planet-TV 
協力:カネミ油症被害者支援センター/原田正純/保田行雄/古木武次/宿輪敏子/明石昇二郎/川名英之/河野裕昭/奥野安彦/高崎裕士/永尾喜美子/重本善十/渡部寛吾/中内弘治/福島瑞穂/阿部知子/辻豊史/堀傑ほか
証言者:真柄繁夫/真柄ミドリ/渡部道子/矢野忠義/矢野トヨコ/重本加名代/重本澄代/中内郁子/中内孝一/中内健二/公文喜久恵/矢口哲雄/高山美子
配給:『食卓の肖像』上映委員会/オムロ 
宣伝プロデューサー 西田宣善
宣伝 辻野正樹
 
2010/103分/日本/ドキュメンタリー