北方シネマ

(*)上映回によって時間や場所が変更することもあります。毎回の案内をご確認ください
学内駐車場は使えません。お越しの際は公共交通機関をご利用下さい
北九州市小倉南区北方4-2-1
北九州市立大学 北方シネマ(竹川研究室)
【電話】080-6458-1184 (水曜を除く平日 11:00-17:00 応対)
【email】kitagata.cinema@gmail.com
【料金】前売予約1000円・当日1200円・シニア/障害者1000円・大学生/高校生500円(資料代)・中学生以下無料

2022年4月29日金曜日

北方シネマ054 「いまはむかし」

 いまはむかし 

 13日(
18:00-21:00北九州市立大学 北方キャンパス本館 A101教室
監督:伊勢真一 来学講演
北方シネマ5/13・小倉昭和館5/14・上津役シネマ5/22
共催上映!


日本・インドネシア・オランダ─
亡き父を想う旅で辿り着いた“戦争”の真実。

戦時中、日本はアジア各地を占領し植民地解放を謳った。記録映画編集者・伊勢長之助(1912〜1973)は、「文化戦線」の一員としてインドネシアに渡り、大東亜共栄圏という名目でプロパガンダ映画を創った。長之助の長男・伊勢真一(ドキュメンタリー映像作家)は、父たちがどんな思いで国策映画を手がけたのかを知るために、30年程前から取材を始める。父の足跡と父たちが創った“幻のフィルム”の行方を追う長い旅。
やがて、その旅に伊勢真一の長男・伊勢朋矢(ディレクター)、長女・伊勢佳世(俳優)も参加する。父から子へ、そして孫へ、時代の記憶が手渡されていく。
オランダで発見されたその国策映画は、およそ130本。日本未公開の貴重なフィルムである(『隣組』『東亜のよい子供』『防衛義勇軍』『ロームシャ』『マラリア撲滅』等)。

写真の中の幼い私が、
じっと今の私を見つめている。
「いまは むかし むかしは いま」

記録というよりも、記憶。
語られなかったその声に、耳を澄ませて
みたい。
そうして、記憶に触れてみたい。

私が三才の頃、父は家を出た。
ちょうどその頃の写真が手元にある。私が父と写っている、たった一枚の写真・・・
父は、遠くを見るような眼差しで、何かを考えている。幼い私は、ただじっとこちらを見ている。

「真一」という、ちょっと気恥ずかしい私の名前は、戦時中、ジャワ(インドネシア)で国策映画を創っていた父が、もう二度と戦争をしてはならない、という思いで名付けたもののような気がしている。

映画鑑賞料: 前売1000円|当日一般1200円|シニア・障害者 1000円|大学・高校生 500円 |中学生以下無料

2022年2月24日木曜日

水俣曼荼羅を終えて

ドキュメンタリー映画とは、スクリーンを通して人と人が出会うこと

ひととひとがつながること


この一期一会に立ち会えた人は幸いです


6時間の水俣への旅でした






お忘れ物 2/23水俣曼荼羅

 昨日2月23日の水俣曼荼羅には、たくさんの方にお越しいただき感謝しております。


会場にいくつかのお忘れ物がございました。北九州市立大学の防災センターに預けてありますので、お心当たりの方はご連絡ください。

北方シネマ kitagata.cinema@gmail.com
大学防災センター(093-964-4110)