北方シネマ

(*)上映回によって時間や場所が変更することもあります。毎回の案内をご確認ください
学内駐車場は使えません。お越しの際は公共交通機関をご利用下さい
北九州市小倉南区北方4-2-1
北九州市立大学 北方シネマ(竹川研究室)
【電話】080-6458-1184 (水曜を除く平日 11:00-17:00 応対)
【email】kitagata.cinema@gmail.com
【料金】前売予約1000円・当日1200円・シニア/障害者1000円・大学生/高校生500円(資料代)・中学生以下無料

2019年2月1日金曜日

北方シネマ022『おくじらさま』

小さな町に押し寄せた
クジラを巡る大きな衝突
NY在住女性監督が見つめる、世界の分断とその先の未来




つつましい給料で世界屈指の現代アート作品を集めた夫婦を描く「ハーブ&ドロシー」の佐々木芽生(めぐみ)監督が、6年の制作期間をかけて、半世紀以上続く「捕鯨論争」に新たな光を当てる。

紀伊半島南端に近い、和歌山県太地町。追い込み漁を糾弾した映画『ザ・コーヴ』がアカデミー賞を受賞して以来、この小さな漁師町は世界的論争に巻き込まれた。「くじらの町」として400年の歴史を持つ「誇り」は、シーシェパードを中心とした世界中の活動家たちから集中非難の的となる。ヒートアップする対立が沸点に達しようという2010年秋、佐々木は太地町を訪れる・・・。

そこでは、マスメディアが報じてきた二項対立 -捕鯨を守りたい日本人とそれを許さない外国人 - という単純な図式ではなく、カメラは賛否に縛られない多種多様な意見を捉えていく。 歴史・宗教・イデオロギー、自分と相容れない他者との共存は果たして可能なのか?今まさに、世界が直面している「ダイバーシティの危機」を克服するヒントがこの映画にはある。嫌いなヒトをスッキリ排除しますか?それとも、一緒に生きていきますか? (公式HPより)

★予告編はこちら★

上映後のアフタートークには、本作出演の
元AP通信記者ジェイ・アラバスターさん
クジラ漁を撮影するカメラマン西野嘉憲さんをお呼びします!!


【上映情報】
東田シネマ
1月25日(金) 26日(土) 27日(日)
①10:30、②13:00、③15:30、④18:00
北九州市環境ミュージアム ドームシアターにて
予約はこちらから

北方シネマ
201921日 (金) 18:30
北九州市立大学 本館A-101にて
インターネット予約はこちらから
電話予約は 080-6458-1184 (水曜を除く平日 11:00〜17:00対応可

予約一般1000円/当日一般1200円
大学・高校生500円/シニア(60歳以上)1000円
障害者手帳をお持ちの方/1000円


『おくじらさま』


監督・プロデューサー:佐々木芽生「ハーブ & ドロシー」
編集:バーナディン・コーリッシュ
撮影:折笠 貴 / 杉岡 太樹
音楽:デビッド・マズリン
エグゼクティブ・プロデューサー:真木 太郎 / 飯田 雅裕
ポスター原画:山口 晃
制作:FINE LINE MEDIA JAPAN
制作協力:ジェンコ / ミュート
協賛:アバンティ / オデッセイコミュニケーションズ
配給:エレファントハウス
助成金:文化庁文化芸術進行費補助金

原題 A Whale of a Tale/97分/日本・アメリカ合作/2016

0 件のコメント :

コメントを投稿